発症する原因とメカニズム

更年期障害というのは、その名の通り「更年期」という期間に出てくる様々な障害のことを言います。更年期というのは、一般的に45歳~55歳の10年間の期間のことで、閉経を伴っている状態です。

更年期障害のメカニズム

閉経した女性の体というのは、卵巣の働きが急に衰え始めます。すると、女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が、急激に分泌低下してしまうのです。大きな原因というのは、エストロゲンの減少ということになりますね。

それでは、エストロゲンが減少すると女性の体はどうなるのかといいますと、エストロゲンが今まで働いていた事によって、保たれていた体の様々な機能が、働きにくくなっていくのです。エストロゲンが今までよりも、減少するのですから、同じような働きが出来なくなるのは、言うまでもありませんよね。

しかしエストロゲンが減少すると、脳が察知して卵巣に「女性ホルモンを分泌しなさい」という指示を出します。その時に、普段は脳がこのような指示を出す事はないので、周りの脳が普段と異なる現象に、驚いて興奮してしまうのです。

無意味に脳が興奮してしまうことによって、「自律神経」の調節が上手くできない状態になりますので、神経も調節が上手くいかずに「心身共に」不調を訴えるようになってしまうのです。これが更年期障害のメカニズムです。

エストロゲンが減少するのは更年期だけ?

一般的に考えて更年期から一気に、エストロゲンが減少します。平均的に20歳~30歳あたりがエストロゲンの分泌のピークになります。そのあとは徐々に分泌が減っていくようになりますので、更年期の10年だけが減少期間と言うわけではありません。

しかし一気に減るという事、つまり閉経が大きく関わっていることが分かりますので、40代になったら更年期障害に、目を配っていくことが必要です。

また、日常生活の中で多大なストレスや、生活習慣の乱れなどにより、月経が不規則になったり、女性ホルモンがバランスを崩すことがあります。このような時は、更年期障害とまではいきませんが、心身ともに不調を感じる事があると思います。

このような状態が、日常的に継続している人や、生活に支障をきたす程の症状を感じる場合というのは、治療をするべき更年期障害だと言えます。まずは自分がどのような状況に置かれているのか、原因を知ることで把握してもらえたかなと思います。