よくある質問Q&A

更年期障害についてQ&Aで質問にお答えしていきたいと思います。色々な不安や質問がありますので、知りたい情報があれば幸いです。

更年期障害Q&A

更年期障害というのは病気ですか?

病院で診察をしてもらうと、更年期障害という病気と診断されます。ただ、更年期に出てくる様々な症状を考慮して、日常生活に支障があると考えられる場合に、「更年期障害という病気です」と診断が下ります。

症状はみんな一緒ですか?

症状というのは、とてもたくさんありますので、人それぞれに体感する症状は異なります。100人いれば100通りの症状があると考えて下さい。例えば、頭痛は全く感じないけども、急な動悸に悩まされているという人や、頭痛が凄く辛いけどそれ以外にはあまり症状は感じないという人もいます。

このように、症状には感じるものと感じないものがありますし、その症状自体が軽度の人もいれば重度の人もいますので、本当に様々です。身体への症状だけの人、精神面で症状が出る人、こればかりは誰がどのような症状になるか、分からないのが現状です。

病院に行くタイミングってあるの?

更年期障害の症状は、自分にしか分からないので、自分が辛いと感じる症状があれば、病院に行ってみましょう!気になる事があったら、面倒に思わずに我慢せずに、婦人科を受診すると良いでしょう。

また、更年期障害の症状だと思っていても、本当は違った病気だったという事もありますので、まずは婦人科で更年期障害の検査をしてもらい、ハッキリとした自分の現状を判断してもらうのがいいですね。

病院にいくなら何が必要ですか?

更年期障害の可能性があると感じているのであれば、医師が判断材料になる要素を準備しておくといいいですね。「生理周期と生理期間」「最終月経開始日」これらは、しっかりメモしておきましょう。

他には、今までの病歴、現在服用している薬があれば、薬の名前、どのような生活習慣を送っているか、今1番気になる症状、これらをメモするか考えておくようにしましょう。ちなみに症状に関しては、「どんなとき」「頻度」「いつから」これらを伝えられるといいですね。