主な症状とその具体例

更年期障害の辛い所と言えば、その様々な症状だと言えるでしょう。人それぞれに異なる症状が出てきますし、いくつもの症状が併発することもありますので、更年期障害と言ってもとてもたくさんのパターンが存在しています。

また、更年期障害の症状としてこれからご紹介するものは、更年期障害と思いきや、その他の病気が隠れている可能性もありますので、自己判断で更年期障害だと決めつけるのは危険ですので、ご注意ください。

更年期障害の主な症状

  • 肩こり
  • 頭痛
  • すぐ疲れる
  • のぼせ、発汗、ほてり
  • イライラする
  • めまい
  • 腰痛、腹痛
  • 不眠
  • 動悸、息切れ
  • 不安感、鬱状態

このように、体に現れる症状もあれば、精神面に影響を及ぼす症状もありますので、これらが複数併発したら、とても辛くて日常生活を普通に過ごす事ができなくなってしまいますよね。

症状の具体例

上記のような症状というのは、いつどこで現れるのか分からないという点があります。また、いつもこの時間になるとこういった症状が出る・・・という人もいます。これらの症状を具体的な症例として、ここで見ていきましょう!

  • 突如、顔が火照ってきて「カーっとする」といった感覚になる
  • 気温や体は暑くないのに、汗がたくさん出てくることがある
  • 外出中に突然、動悸と息切れがしてきて立っていられなくなる
  • 些細な事で、イライラしてしまい、怒りっぽくなったと言われる
  • 自分はどうなってしまうのか、不安になり鬱状態に陥ってしまう
  • 朝起きて眠くなるはずなのに、布団に入っても眠れない

このように、更年期障害の症状というのは、色々な場所で、本人の意思とは関係なく出てくるものなのです。眠いはずなのに眠れないことや、鬱状態に陥るというのは、精神面と体力面でどちらも消耗してしまいますよね。

様々な症状を併発すると、あまりに辛すぎて生きていくことが嫌になってしまう人もいるほどです。言葉や文字でみる以上に、とても苦しい思いをしているという事を知ってもらいたいですね。