若年性更年期障害の特徴と改善方法、注意点

若年性更年期障害をご存知でしょうか?一般的に更年期障害は、閉経前後の45歳~55歳の女性に多くみられる病です。しかしこの年代が20代や30代でも、更年期障害と同じような症状を発症する人が増えているのです。

若年性更年期障害の原因

なぜ20代や30代で更年期障害のような症状がでてしまうのか、いくつか原因があります。大きな原因が「ストレス過多」「ダイエット」「生活習慣の乱れ」といったものになります。これらは全て、ホルモンバランスを崩してしまい、自律神経も乱れていきますので、更年期障害のような症状が出てしまう事に繋がります。

ストレス、過度なダイエット、不摂生などによって、卵巣の働きが低下してしまう場合や、卵巣は働いているが、ホルモンバランスが乱れてしまったという場合があります。どちらも、閉経には程遠い年代ですから、このような状況は治していかなければなりません。

卵巣の機能低下やホルモンバランスの乱れというのは、若年性更年期障害であれば改善していくことが可能です!

改善方法や注意点

若年性更年期障害は、頭痛、肩こり、のぼせ、めまい、倦怠感など、そのまま更年期障害と同じ症状が出てくるのですが、根本は異なりますので、生活習慣を見直すことで改善できるのです。

ストレスやダイエットで、生理不順になってしまう女性も増えていますし、無月経になってしまう人もいます。そんな症状がでてしまった時点で、すぐに病院にいき、生活習慣を正していけば、改善の余地は十分にあります。

ちなみに、無月経や生理不順を放置し続けていると、不妊に繋がってしまったり、今後本当の更年期障害が、とても重度なものになったり、注意しなければならない点があります。若年性更年期障害は、生活習慣と自分の月経をしっかりと把握して、見直していくことがポイントです。

もちろん医師と相談して、自分にあった方法で、改善できるように頑張ってもらいたいと思います。闇雲に薬に頼ったりするのは、あまりお勧めできないので、自然に自分の力で治していってもらいたいですね。