男性更年期障害の症状と原因

女性の病気だと思っている人が多い更年期障害ですが、実は男性の更年期障害というものがあります。女性の場合は女性ホルモンが原因となりますが、男性の場合は男性ホルモンが原因となっています。

男性の更年期障害とは

原因

男性の更年期障害は、加齢とともに減っていく男性ホルモンが原因となっています。女性には月経がありますので、自分のホルモンの変化を月経などから汲み取る事ができます。しかし男性は自分の男性ホルモンが減少していることに、気が付くことがなかなか出来ません。

ですから、男性の更年期障害について、原因は分かっていますが、更年期障害になっていると実感している男性は、とても少ないのです。男性ホルモンは20歳からピークを迎えていき、40代~50代後半でかなり減少していきます。ですから、50歳前後の男性は更年期障害になりやすいと言う事です。

症状

男性の更年期障害で感じる症状は、女性と同じようなものもありますが、男性特有のものもあります。

  • 集中力低下
  • 記憶力低下
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい
  • 疲労感がとれない
  • 鬱状態
  • ED
  • 性欲減少傾向

このように、男性ホルモンが低下していることで、男性特有の症状がいくつかあるのが分かりますね。

男性更年期障害に気づくには

仕事のストレスや、年齢のせいで疲労感がとれないと考えている人が多いかと思います。しかしもしかしたら、体の不調は更年期障害なのかもしれません。もしも更年期障害の症状に当てはまるという男性は、病院で診察をしてもらうのもいいかと思います。

自分では、疲れのせい、ストレスのせいと思っていても、あきらかに不調が長引く場合や、精神面で不安や鬱状態になってしまった場合は、更年期障害を疑ってみて下さい。相談できる家族や知人などがいれば、意見をもらうのもいいですし、おかしいと思う事を書きあげていくのも気が付く材料になるでしょう。

生活習慣が乱れていると、不調を引き起こす事がありますので、生活習慣を見直してみるという手もあります。しかしそれでも何も改善されないのであれば、やはり更年期障害の可能性を考えるべきかもしれません。